格安SIM

初心者向け条件別 オススメ格安SIM 5つ 【2021年10月】

  

「格安SIM」という言葉はよく聞くけど、「種類が多すぎてよくわからない」「なんだか難しそう」という方も多いのではないでしょうか。

何十種類ものプランが各社から発表されており、相当詳しくないと自分にぴったりのプランを探し出すことは難しいです。

そんなあなたに、「とりあえずここを選べばお得になる」という格安SIMを、条件別に5つ紹介します。

条件が合えばお得に乗り換えることができます。

ぜひ確認してみてください。

  

  

  

オススメ格安SIM-1 つながれば最安料金
⇒ 楽天モバイル

最初に言っておきますが「つながれば最安」です。 「つながれば」 ・・・

料金プランは0円からで無料通話アプリも使える、と最強の格安SIMといえますが、通信・通話のエリアが狭いことが難点です。

通信・通話 可能なエリアでのみ利用される方には、ダントツでおすすめです。

  

私の例になりますが、茨城県南部の自宅では 通信・通話 ともに問題なく可能ですが、車で5分の所にあるホームセンターでは「圏外」となります。

「圏外」 という言葉を久しぶりに聞く方も多いのではないでしょうか。令和の時代に 「圏外」 ・・・

自宅が都市部のエリア内だったとしても、山登りやハイキング・旅行で出かける方にはオススメできません。

使用するであろうエリアを十分に検討して選んでください。

  

また、楽天モバイルではスマホ本体もお得に手に入れることができます。

詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

  

楽天モバイルのプラン

「Rakuten UN-LIMIT VI」という1つのプランしかありません。

月に使用したデータ利用量で月額料金が変動します。

0~1GB  0円
1GB~3GB  980円
3GB~20GB  1,980円
20GB~  どれだけ使っても2,980円

  

通話は「 Rakuten Link アプリ」使用で通話かけ放題。

  

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットは月額料金。

特に「 0~1GB 0円 」と「20GB~ どれだけ使っても2,980円」がメリット大です。

「 0~1GB 0円 」であれば、月額無料で電話がかけ放題となります。

「20GB~ どれだけ使っても2,980円」では、データ無制限のプランでこの金額は破格の安さです。

  

楽天モバイルのデメリット

「利用可能なエリアが狭いこと」だけです。

タダだろうが、破格の安さだろうが利用できないことには何の役にも立ちません。

楽天モバイルの通信可能エリアは下記より確認してください。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=gnavi_area

  

  

オススメ格安SIM-2 窓口で相談したい
⇒ mineo (マイネオ)

格安SIMは価格を抑える代わりに、申し込みや問い合わせはインターネットからしかできないものが多いです。

「どうしても相談できる店舗・窓口が必要」という方には マイネオ がオススメです。

格安SIMとしては珍しく「mineoショップ」という実店舗があり、相談や手続きができます。

ただし、全国に11店舗しかありません。

お近くに店舗があるか、下記より確認してください。

https://mineo.jp/shop/about/

  

mineo (マイネオ) のプラン

データの利用量によって4つのコースからプランが選べます。 (音声通話+データ通信)

1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

通話は「mineoでんわ」というアプリを利用して安くすることができますが、通話料無料ではありません。

  

mineo (マイネオ) のメリット

店舗数は少ないが実店舗があり、相談や手続きができる。

回線の種類が「au・ドコモ・ソフトバンク」の3種類から選べる。

「前はドコモで契約していたのでドコモ回線を選ぶ」のように、手持ちのスマートフォンに合わせて回線を選択可能。

  

mineo (マイネオ) のデメリット

通信や通話のオプションが多く、ちょっとわかりにくい。

  

  

  

オススメ格安SIM-3 YouTubeをよく見る
⇒ ビッグローブモバイル

「エンタメフリーオプション」によって対象の動画や音楽が見放題、聴き放題になります。

例えば、外出先や喫茶店でYouTubeをどんなに長時間見ても、契約しているデータ通信の容量が減りません。

対象の動画や音楽サービスをよく利用している方にはオススメです。

対象となるサービスや詳細はこちらの記事も参照してください。

ビッグローブモバイル イラスト
格安SIM【ビッグローブモバイル】 メリットは「エンタメフリー」と「国内通話料」

   格安SIM【ビッグローブモバイル】について 紹介します。 格安SIMを提供している各社には様々なサービスやオプションがありますが、できるだけわかりやすく、特徴的なものを中心に紹介していきます。 ...

続きを見る

 

ビッグローブモバイルのプラン

データの利用量によって6つのコースからプランが選べます。 (音声通話+データ通信)

1ギガプラン  1,078円
3ギガプラン  1,320円
6ギガプラン  1,870円
12ギガプラン  3,740円
20ギガプラン  5,720円
30ギガプラン  8,195円

  

通話は「BIGLOBEでんわ」というアプリを利用して安くすることができますが、通話料無料ではありません。

ただし、「国内通話料 9.9円/30秒」と最安クラスではあります。

  

ビッグローブモバイルのメリット

「エンタメフリーオプション」による、対象の動画見放題、音楽聞き放題です。

私は通勤時間の往復約3時間、ほぼずっとYouTubeで動画を見ていますが、この分の通信費は0円となります。(月額308円は必要)

  

ビッグローブモバイルのデメリット

申込時に「プラン申込手数料」「SIMカード準備料」の初期費用をキッチリ取られます。(最近は無料のところも多い)

また、13か月以内に解約した場合は、「契約解除料」を取られます。(これも最近は契約期間が無いところが多い)

  

  

オススメ格安SIM-4 -5 高品質な通信が必要
⇒ ahamo (アハモ) と LINEMO (ラインモ)

お昼時や夜間など、みんなが多くデータ通信を利用しているときにも、遅くなったり途切れたりしないインターネット接続がしたい。

という方には大手キャリアのサブブランドである「ahamo (アハモ)」と「LINEMO (ラインモ)」がオススメです。

大手キャリアと比べると金額は安く、通信品質はドコモ・ソフトバンクと同じです。

厳密には「格安SIM」ではないかも知りません・・・

auのサブブランドに「povo (ポボ)」がありますが、ちょっとプランがややこしくなってしまったので今回は除外します。

  

ahamo (アハモ)

ahamoのプラン

プランは1つだけ。

データ容量 20GB、国内通話料 5分無料で 月額2,970円

  

ahamoのメリット

ドコモと同じ回線を使用しており、品質は国内最高品質でしょう。

朝の通勤時、お昼休み、夜間など他の格安SIMでは通信速度が遅くなってしまうような時間帯でもストレスなくインターネットに接続できます。

  

ahamoのデメリット

格安SIMの価格競争が激しくなってきているので、20GBで2,970円は格安ではありません。

また、ドコモでの申し込みは不可。

オンラインでの申込のみとなります。

  

2021年より、有料でドコモショップでの申し込みや相談ができるようになりました。

1回 3,300円  高い・・・

  

  

LINEMO (ラインモ)

LINEMOのプラン

プランは2つ

「スマホプラン」 データ20GB 2,728円
「ミニプラン」  データ 3GB  990円

  

国内通話料5分まで無料と国内通話無料はオプション

  

LINEMOのメリット

ソフトバンクと同じ回線を使用しており、国内最高品質です。

「ミニプラン」はソフトバンク品質でこの価格ならお得です。

  

LINEMOのデメリット

「スマホプラン」の20GBで2,728円は格安ではありません。

また、ソフトバンクでの申し込みは不可。

オンラインでの申込のみとなります。

  

  

条件別オススメ格安SIM まとめ

条件別にお得となる格安SIMを5つ紹介しました。

どの格安SIMにも特徴があって、大手キャリアの料金よりは安くなるものばかりですが、「いろいろあって選べない」という方は参考にしてみてください。

格安SIM業界は、各社から次々と新しいプランが発表されてお得なプランが入れ替わっていきます。

このページも随時更新して、新しいお得な情報をお届けします。

-格安SIM